11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
文字パーツ
Mobile
qrcode
Links
Others

アルジェリアの歌手“Warda”逝去 

 
大好きな歌手の1人、ئرية ”Warda"が、5/17エジプトカイロでお亡くなりになられました。原因は心不全、72歳でした。
300曲を超える素晴らしい音楽を残して下さった”warda"。心から悼しみたいと思います。今日は哀惜の情に浸りながら、”warda"の曲一色で過ごしました。

その中でも特に好きな曲を最後に貼っておきます。
近々、このうちからどれかを踊りたいです。

 
 WARDA〜ワルダ〜 زائرية 

WARDAは、レバノン人の母とアルジェリアの父親に1940年にフランスで生まれた。11歳の時に歌手としてのキャリアをスタート。 即座にアルジェリア国民から愛される歌手となりました。 1962年に結婚したが、夫から歌う事を禁止される。後1972年、アルジェリアの大統領HouariBoumédienneの強い要望を承け、国の独立記念を歌う歌手としてとして任され、音楽に人生を捧げる決心をし、離婚を決意。独立記念ではエジプトのオーケストラと共演し更に有名となった。

その後、作曲家Balighハムディと結婚しエジプトに移る。 エジプトでも名声を上げ次々とアルバムをリリース。映画にもいくつか出演する。作曲家にも人気の歌い手であった。Warda=薔薇の花(アラビア語)

 

《Fi Youm Wa Leela》 


《Akdeb Alek》


Tab Wana Maly》

 

《Batwannis Beek》 


《Zarni Fe el Doha》 


《Esmaouni》 


《Lola El Malama》


《Bokra ya habeby》



| ベリーダンスの歴史と音楽/Culture&music of Raqs sharqi | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

ベリーダンスで使用されるシャービーについて

 フリーダンスなどで良く使用されるジャンルの曲”シャービー”について。


   先日のショークラスでも説明しましたが、詳しく残しておきますね〜



Habibiではフリーダンス(ショーの最後にお客様を一緒に楽しむダンス)といえば、シャービーの”Hakim"と"Saad el soghayer"の曲を必ずといって良いくらい使用します。

ベリーダンスを知らない方も4拍子で乗り易く、テンションもアップする曲なので最後は自然にノリノリ汗だくです(笑)


 

シャービー”shaabi"はベリーダンスでも良く使用されますが、オリエンタルやフォークロアのジャンルではなく、シャービーはシャービー。

ただ、シャービーの中でも4拍子の

◎”マクスーム”リズムから成り立つバラディーシャービーものと、

◎”サイディー”リズムから成り立つものがあり、

サイディーリズムのものは、アサヤを使用したりとサイディーシャービーとして成り立ちます。


コスチュームも、オリエンタル2ピースのコスチュームを使用するのもオッケーですが、ストリート感を演出したりすると個性的に華を添えられると思います。


シャービーとは、エジプトで大衆に親しまれる歌謡曲で、新しいタイプの音楽なので一般的なポップスよりもアップテンポで、歌詞の意味を調べてみても語呂合せ的な(特に特別な意味は無い)内容ででラップ調のものも多いです。


その中でも、シャービーという新しいジャンルを切り開いたのは

Hakim(ハキム) 

*ハキムの1stアルバム

1991年に最初のアルバムをリリースし、2ヶ月で完売。


”エジプトのライオン”と呼ばれ、新しいタイプのシャービ先駆者の王様としてエジプト国民にもベリーダンス界でも人気の高い歌手です。


ここだけの話、シャービーの王様を初めて知った時第一印象は”加藤茶”に似てるなと。。(笑)どうですか?どことなく?

*最近の一番新しいアルバムの写真。だいぶ落ち着いた感じですが、声はそのままのハキム節がきいてます。


そこから、Hakimの声にも若干似てはいるのですが、

Saad el soghayer(サード エル ソガイヤー)が2006年に初アルバムをリリース。

*saad el soghayerの1stアルバム

後を継いでシャービースタイルのパフォーマーとして高い人気を得ています。

名前の由来は一般的より小柄だから。小さいサードというネーミングから個性的。また以上のもの凄いパワフルなボイスとタレント性のある歌手です

*アラビア語でソガイヤーは(小さい)という意味

*一番最近のアルバム。今では、こんなクールな感じです。

 

*これは、確か2007年?エジプトでライブを見に行ったIhab氏とデビューして1年後のsaad。どっちが小柄!?



ショークラスのシャービーと芦屋クラスの新しいシャービーの振りは、saadのものを、使用しています。


Hakimとsaad2人の声の違いを聞き分けられたら、シャービー通かも〜


| ベリーダンスの歴史と音楽/Culture&music of Raqs sharqi | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |